読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒歩で上京 Part0

はじめに

会社の元同期が、「東京から仙台まで歩く」という遊びをやっていました。

最初は、え、遠くね???と思ったのですが、休みをとったときに一度行ったところまでは公共交通機関でワープし、数十キロ歩き、疲れたらそこにセーブポイントを立て、また公共交通機関で帰ってくるようにして、一度にまとまった休みを取らなくても、長距離の散歩を楽しむことができるようにしていました。なるほど!!頭いい!!

www.bucyou.net

なんやこれ、めっちゃ楽しそうやん。というわけで、自分も始めることにしました。

ストーリー

居酒屋でハイボールを飲みながら、私はふと考えた。

私は今東京で働いていて何年目にもなる。実家は奈良市にあり、いつも実家へは新幹線と近鉄で移動している。

それで別に何も困ってはいないが、奈良から東京へ行きたかった昔の人は、東京までの数百キロを歩いていたはずなのだ。あんなに長い距離なのに、場合によっては1ヶ月以上の時間を費やして。

そんなことが本当に可能なのか?ちゃんと歩ける道はつながっているのか?それを知るには、奈良から東京まで実際に歩いてみなければなるまい。

ルールの設計

このようにして、出発地と目的地を決めた私は、元ネタのルールを参考にしつつ、どのようにするのが自分に合っているのかを考えました。そして、以下のルールに従って散歩を行うことにしました。

出発地はJR奈良駅奈良県奈良市)、目的地は日本橋(東京都中央区

どこをもって「東京についた」とするかは議論の余地がありましょう。でも、その論争をしたいわけではないので、とりあえず今は、東海道五十三次の起点であった場所らしく現在も日本の道路網の起点として扱われているらしい日本橋の到着をもって東京に到着したと定義します。

ルートは決めない。行きたいところに、行きたいように、寄る

元ネタは、国道6号を経由して仙台へ向かうことを、旅の最初に決めています。ところが、今回は事前に出発地と目的地を決めますが、ルートを旅の最初に決めません。これは、例えば、以下のルートの中から、危険性と楽しみのトレードオフに基づく判断で、あるいは単に気分で行きたいルートを決めることを可能にするためです。

徒歩のほか、 フェリーを移動実績に含めてよい

さすがにフェリー禁止して泳ぐのも、趣味の範囲を超えてるので無理です。あと個人的に伊勢湾フェリーに乗ってみたいです :-)

徒歩移動およびフェリー以外の交通機関は移動実績にカウントしない

徒歩旅ですから :-)

IT機器やWebサービスの利用は妨げない

元ネタでは、グーグルマップの利用を禁じたり、iPhoneの利用をできるだけ避けようとしていました。普段IT機器にどっぷり浸かる傾向のある私は、時々強制的にIT機器から離れると、何か得るものもあるだろうと思っています。

ところが、今回の旅はルートが決まっておらず、全国の道路地図を参照しながら進むことが必要です。それがこのようなルールとしている理由です。

新しい都県に入ったらその地域のうまいものを1度は食べる

せっかくなので美味しいもの食べたいです。 :-)

これは趣味にすぎないことを肝に銘じる

ちょっと足痛いんだけど、もうちょっとで目的地に着きそう…なんていうときに、足が壊れる前にセーブポイントを立てる判断を適切なタイミングでできるようにしたいです。

次回予告

2016年11月5日、ついに旅をスタートさせたhyrrot。果たして彼は東京まで歩いて行くことができるのでしょうか。近日中更新予定。乞うご期待。